店舗一覧

香川・高松の店舗一覧

ボディケアネットでは、香川・高松の韓国エステ・中国エステ・風俗エステをご紹介しています。
香川・高松のファッションヘルスやデリバリーヘルス等の風俗店探しもお任せ下さい。
女の子の写メ日記や、各店舗ごとに掲示板設置でコンテンツも充実しています!
あなたにぴったりのお店、あなたのお気に入りの女の子がきっと見つかります!

【RE:BODY TAKAMATSU】(アロマテラピー)

【RE:BODY TAKAMATSU】(アロマテラピー)

【VIVIANA♀HAND~第2章~】派遣型アロママッサージ

【VIVIANA♀HAND~第2章~】派遣型アロママッサージ

  • 【所在地】高松市
  • 【TEL】080-2975-2925
  • (10:00~翌3:00  年中無休 )
  • クチコミ投稿 MAP
【ラッシュ】(アロマエステ)

【ラッシュ】(アロマエステ)

  • 【所在地】〒760-0080 香川県高松市木太町
  • 【TEL】080-4035-1671
  • (12:00〜翌1:00(最終受付は24:00まで)  年中無休 )
  • クチコミ投稿 MAP
【A collection LieN】 高松店

【A collection LieN】 高松店

  • 【所在地】香川県高松市伏石町2179−6 ドルフィン伏石 507号室
  • 【TEL】090-9464-3959
  • (11:00〜23:00完全予約制 )
  • クチコミ投稿 MAP
【miu(アロマエステ)】高松市発

【miu(アロマエステ)】高松市発

【Sana(アロママッサージ)】丸亀駅

【Sana(アロママッサージ)】丸亀駅

  • 【所在地】香川県丸亀市郡家町
  • 【TEL】080-8632-1086
  • (12:00~25:00  年中無休 )
  • クチコミ投稿 MAP
【Amber 〜アンバー】(アロママッサージ)丸亀駅

【Amber 〜アンバー】(アロママッサージ)丸亀駅

  • 【所在地】丸亀市土器町西8丁目488
  • 【TEL】080-3923-9670
  • (11:00〜24:00  年中無休 )
  • クチコミ投稿 MAP
【R(アール】(ボディトリートメント)三条駅

【R(アール】(ボディトリートメント)三条駅

  • 【所在地】 Kagawa-ken, Takamatsu-shi, 太田下町Sanjōchō, 2354
  • 【TEL】087-899-5503
  • (12:00〜24:00 無休)
  • クチコミ投稿 MAP
猫の宅急便(アロマエステ)高松発

猫の宅急便(アロマエステ)高松発

香川・高松エリア

イメージ

香川・高松でメンズエステ(韓国エステ・中国エステ・風俗エステ・性感エステ・回春エステ)なら充実のコンテンツで欲しい情報が即GETできるボディケアネット★彡
各店舗ごとに掲示板設置でコミュニケーションツールで楽しみながら、最高の店舗・女の子を見つけることが可能です!


※高松エリア
高松市は、多島美を誇る波静かな瀬戸内海に面し、これまで、人々の暮らしや経済・文化など様々な面において、瀬戸内海との深いかかわりの中で、県都として、また、四国の中枢管理都市として発展を続けてきた、海に開かれた都市です。
気候は、年間を通して寒暖の差が小さく、降水量の少ないのが特色です。
「高松」は鎌倉時代に開け始め、天正16年(1588年)豊臣秀吉の家臣生駒親正が玉藻浦に居城を築き高松城と名付けたことに由来し、生駒4代54年、松平11代220年を通じて城下町として栄えました。
明治維新の廃藩置県後、香川県の県庁所在地となり、明治23年2月15日に市制をしき、全国40番目の市としてスタートしました。
これまでに大正、昭和、平成を通じ、8回にわたる合併で、北は瀬戸内海から南は徳島県境に至る、海・山・川など恵まれた自然を有する広範な市域の中に、にぎわいのある都心やのどかな田園など、都市機能・水・緑が程よく調和し、豊かな生活空間を有する都市となっています。
恵まれた風土と地理的優位性を生かし、四国の中枢管理都市として発展してきましたが、特に昭和63年の瀬戸大橋開通や平成元年の新高松空港開港、平成4年の四国横断自動車道の高松への延伸などにより高松市を取り巻く環境が大きく変化する中、平成11年4月、中核市に移行しました。

※中心部
高松市中心部には唯一の百貨店である高松三越、ならびにコトデンそごう→高松天満屋が撤退したビルをリニューアルした瓦町FLAGが立地しており、高松中央商店街と合わせて高松市の商業拠点となっている。
高松市は讃岐平野に位置しているため平野部が多く、さらに合併を繰り返して人口を増やしてきたため人口が市域全体に分散している。
そのため中心市街地の人口はあまり多くない。
しかし、高松市の中心部はオフィス街として発展しているため、多くの人が郊外や近隣都市から通勤・通学しているのが現状である。
そういった通勤者などは、平日はオフィスのある中心部において買い物や飲食などをするが、休日は自宅周辺や自家用車で行きやすい郊外商業地を利用する場合が多い。
そのため、中心部の商業地である高松中央商店街の通行量は休日よりも平日の方が多いという珍しい都市でもある。
ただし、ここ数年は大規模再開発の影響もあってあまり差がなくなってきており、休日の方が通行量が多い場合もある。
商店街の通行量自体は、その規模の大きさもあってかなりの数である。

*高松中央商店街
高松中央商店街は7つの商店街からなっており、そのアーケードの総延長は約2.7kmで日本一と言われる。
かつては地方でも有数の規模の商店街として栄えていたが、バブル崩壊後の不況やモータリゼーションによる商業地の郊外化などによって買い物客の減少が続き、大型店の撤退などもあって一時の勢いは完全に失われてしまっている。特に南部に位置する常磐街はかつては市内でも最大級の繁華街として栄えていたが、大型店の撤退などもあり現在では最も衰退の激しい商店街として知られてしまっている。
しかし現在、商店街北部では高松三越と丸亀町商店街が主となって大規模な再開発が進んでおり、また常磐街では自治体や香川大学などの協力もありいくつかの施設が新設されるなど、状況改善に向けた動きが進んでいる。
こういった動きにより商店街、ひいては高松市中心部の商業的地位回復が期待されている。

※特産品
香川県ということもあり、やはり讃岐うどんが最も有名な特産品である。
うどん文化が根強いのは香川県内でも西の方ではあるが、高松市内にも多くのうどん屋(チェーン店、個人店、製麺所など)が存在している。

MENU

CLOSE