店舗一覧

検索結果「地域:新栄・東新町・東区」「業種:風俗エステ」

ボディケアネットでは、新栄・東新町・東区の韓国エステ・中国エステ・風俗エステをご紹介しています。
新栄・東新町・東区のファッションヘルスやデリバリーヘルス等の風俗店探しもお任せ下さい。
女の子の写メ日記や、各店舗ごとに掲示板設置でコンテンツも充実しています!
あなたにぴったりのお店、あなたのお気に入りの女の子がきっと見つかります!

Sorry, no posts matched your criteria.

新栄・東新町・東区エリア

新栄・東新町・東区でメンズエステ(韓国エステ・中国エステ・風俗エステ・性感エステ・回春エステ)なら充実のコンテンツで欲しい情報が即GETできるボディケアネット★彡
各店舗ごとに掲示板設置でコミュニケーションツールで楽しみながら、最高の店舗・女の子を見つけることが可能です!


※雲竜フレックスビル
地下鉄東山線「新栄駅」徒歩3分、広小路通り沿いのビルで、21階~24階は飲食店フロアとなっております。
名古屋でもっとも早く建設された超高層ビルの一つです。

※DIAMOND HALL(ダイヤモンドホール)
ダイアモンドホールの改称前はCLUB DIAMOND HALL(クラブダイアモンドホール)。
それ以前は「フレックスホール」、前身の雲竜ビル開館当初には「雲竜ホール」という名称でした。
2005年にZepp Nagoyaがオープンするまでは、名古屋のライブハウスでは収容人数が最大規模!
プロレスの興行も開かれており、大日本プロレスで名物となっている蛍光灯デスマッチも可能である

※ナゴヤドーム
1997年、前本拠地のナゴヤ球場より移転して開業。
国内では4番目のドーム開場となった。
最大収容人数は40,500人。
ドーム中央部は太陽の光が取り込めるように屋根がガラス張りになっており、この屋根のお陰でデイゲームの消費電力が少なくなる。
現在のナゴヤドームのスコアボードはスクリーンと併設型になっている。
セ・リーグの球場としては規模が大きく(センター122m、両翼100m、左右中間116m)、パークファクターなどの統計では「現在最もホームランが出にくい球場」として知られる。
ちなみに、ドームの外野フェンスにはラバーで囲まれた落下防止の手すりがあり、そこに当たって(入って)戻って来てもホームランとなる。
大きいとは言えパ・リーグでは一般的な規模なのだが、そのどこと比べても不自然なほどにパークファクターが低く、2011年の統一球導入以降は中日投手陣の強力さもあってナゴヤドームの試合はとにかくロースコアゲームになりがちで、セ・リーグの他球団ファンから「魔境」と怖れられている。

MENU

CLOSE