店舗一覧

知多・東海・大府・知立・刈谷の店舗一覧

【エステ・ワン】刈谷/愛知 アヤ ココ

【エステ・ワン】刈谷/愛知

  • 【所在地】 愛知県刈谷市日高町2-110 コレクションビル
  • 【TEL】0566-91-1270
  • (14:00~Last 年中無休)
  • クチコミ投稿 MAP
【ミンク】愛知/刈谷 ミント ミカ

【ミンク】愛知/刈谷

  • 【所在地】〒448-0028 愛知県刈谷市桜町2丁目46番地
  • 【TEL】0566-25-7009
  • 【クチコミ】4件
  • (AM10:00~PM12:00 年中無休)
  • クチコミ投稿 MAP
【藍】東海

【藍】東海

  • 【所在地】愛知県東海市加木屋町陀陀法師11-16
  • 【TEL】0562-85-9551
  • (PM2:00~AM3:00 )
  • クチコミ投稿 MAP
1

知多・東海・大府・知立・刈谷エリア

イメージ

知多・東海・大府・知立・刈谷でメンズエステ(韓国エステ・中国エステ・風俗エステ・性感エステ・回春エステ)なら充実のコンテンツで欲しい情報が即GETできるボディケアネット★彡
各店舗ごとに掲示板設置でコミュニケーションツールで楽しみながら、最高の店舗・女の子を見つけることが可能です!


※えびせんべいの里
言わずと知れた、知多半島の定番スポット。
無料のえびせんべい試食に釣られて週末は多数の観光客の方が。
さらに休憩室には無料のコーヒーまであり、至れり尽くせり。
第35回「プロが選ぶ観光・食事、土産物施設100選」で4位入賞の実力も侮れない。

※魚太郎
伊勢湾、三河湾で穫れた新鮮な魚介類を販売。
地元価格で良いお土産になる。
海を見ながらBBQも用意されている。
網、炭、お皿にトングなど全てレンタル可。
しかも自分の食べたい食材を買って焼く方式なので、1尾、1匹でも可なのが有り難い。
席も1,000席程あるが、週末はほぼいっぱい。
予約して手ぶらで行くのがオススメ。

※野間灯台
カップルおすすめスポット。
きれいな海と空を堪能でき、灯台はオマケ要素。
ここでは不思議な願掛けで有名で、カップルで南京錠をつける。
誰かが鍵で開けない限りずっと結ばれるってこと。
南京錠は歩いていける距離には売っていないので、持参必須。


※篠島・日間賀島
知多半島南部から高速船、カーフェリー(車乗入れフェリー)で20~30分で行けるお手軽な島スポット。
日間賀島はタコが歓迎してくれる。
非常にのどかな島。

※刈谷ハイウェイオアシス
あなたは、全国3位の遊園地を知っていますか!?
ディズニー、USJに次ぐ意外な施設のスゴい実力!
そこは愛知県刈谷市にある『刈谷ハイウェイオアシス』だ。

*人気の理由①?遊園地”兼”パーキングエリア!
『刈谷ハイウェイオアシス』は〝ハイウェイ”が意味するように
本来は高速のパーキングエリア。
それも三重・愛知・静岡をつなぐ高速道路「伊勢湾岸道」の「刈谷パーキングエリア」と直結しているため、休憩がてら立ち寄る利用客が多く、全体のおよそ半分をしめる。
では残り半分は…というと、高速道の利用客ではない、一般道からのお客さんだ。
ここ刈谷ハイウェイオアシスは高速道路からとは別に、一般道からも入場できるため、地元や近隣からのお客も利用可能なのだ。
すなわち高速道の利用客と地元近隣住民、その両方からここ刈谷ハイウェイオアシスに人が流れてくる仕組みになっている。
ここで留意したいのが、高速道路からの利用客が単に休憩で訪れるだけでは、入場者として数に入らないこと。
刈谷ハイウェイオアシスに対して、お金を使った人だけが入場者にカウントされているのだ。
ということは、単に立地上の理由だけで入場者数全国3位になったわけではない。

*人気の理由②?普通の遊園地やテーマパークにはない充実の施設!
正直、刈谷ハイウェイオアシスは、遊園地としてはそこまで大規模のアトラクションもなく、その種類も少ない。
ただ、そのほかに用意されている施設の豊富さでは、ほかの遊園地やテーマパークとは一線を画している。
ざっと挙げるだけでも、健康遊具や幼児用複合遊具、フィールドアスレチックといった無料の公園設備に加え、夏は水遊びができる広場もある。
またドライバーの疲れをいやしてくれる天然温泉「かきつばた」ではサウナやヨガも楽しめ、人気店舗が軒を連ねる充実のフードコートや、地元の新鮮な野菜や魚介を購入できる市場もある。
中でも利用客に大好評なのが、女性専用トイレの通称「デラックストイレ」。トイレだというのに、インテリアは絨毯張り。
フラワーアレンジメントも随所に設置され、なんとソファーまで完備している。
あまりに清潔感があるため、なんとここでお弁当を食べる人もいるのだとか。
なるほど、これほどまでに充実した施設があれば入場者が多いのも納得できる。
さらにもう1つ、刈谷ハイウェイオアシスにはお客さんを惹きつけてやまない理由があった。

*人気の理由③?信じられないほど激安価格!
アトラクションの利用料金を見てみると、安いものは1回50円、高くても100円という、ほかの遊園地では考えられないような激安の値段設定になっている!こんなに安いんだったら、ちょっと運転に疲れた合間に短時間で遊ぶもよし、近所に住む人たちが子供を連れて気軽に遊びに来ることもできる。
しかも、この驚くべき価格はアトラクションだけではない。
併設されている食料品売り場「産直市場おあしすファーム」に並ぶ、朝採れ野菜や近海で揚がった新鮮な魚介類は、スーパーと比べてもはるかに安い。
そのため、わざわざ近所の人がお買い物目当てに刈谷ハイウェイオアシスを訪れるほどだ。
ただ、こうした激安設定では、ほとんど収益は見込めないという。
刈谷ハイウェイオアシス株式会社の取締役・澤田忍氏によれば、「安さを武器にお客を集め、地元に密着しながら長期間・継続的に足を運んでもらうのが一番の目的」なのだとか。
実際このビジネスモデルは「刈谷モデル」とも称され、サービスエリア業界では一つの理想形として注目を集めている。
まとめれば、高速道の利用客と地元近隣住民の両方に、充実した娯楽や商品を格安で提供することで、気軽に、何度でも来て楽しめるような施設を作ったことが、刈谷ハイウェイオアシスが入場者数全国3位になった秘密だったのである。

MENU

CLOSE