店舗一覧

伏見・丸の内の店舗一覧

Sorry, no posts matched your criteria.

1

伏見・丸の内エリア

伏見・丸の内でメンズエステ(韓国エステ・中国エステ・風俗エステ・性感エステ・回春エステ)なら充実のコンテンツで欲しい情報が即GETできるボディケアネット★彡
各店舗ごとに掲示板設置でコミュニケーションツールで楽しみながら、最高の店舗・女の子を見つけることが可能です!


※伏見地下街
名古屋の地下街でも異色のものとなるのが、この伏見地下街です。
全長240mほどの長さの通路にちらほらとお店が見られます。
元々は問屋街であったこともあり、業者相手と見られる小売店が多くあります。
また、レトロな雰囲気の喫茶店も多く、この雰囲気に溶け込んで営業しています。
伏見地下街は1957年に開業した名古屋で2番目に古い地下街です。
東山線伏見駅とつながっています。
定期的にイベントが開かれているのが特徴となります。
そしてもうひとつ、「あいちトリエンナーレ2013」という名古屋発の国際芸術祭をきっかけとして、アートのある地下街として生まれ変わったことが大きな特徴となります。
ビューポイントと示された場所がありますが、そこに立ってアート作品を見てみると立体的に見えます。
この幾何学的な階段アートはなんと無く不思議の国のアリスの世界に迷い込んだような感覚を覚えます。
ちなみにこのアート作品は、台湾の設計事務所が手掛けたものです。
それを知ると、青い色彩感覚にもうなずけるような気がします。
進化を続ける地下街がある一方で、昔ながらのレトロ感覚満載となるアンダーグラウンドな雰囲気のものまで楽しめます。
ここは名古屋の人の生活空間であることを感じさせるものであると分かるでしょう。
そもそも名古屋は日本の地下街の発祥の地でもあります。
1957年3月に日本最古のサンロードが「ナゴヤ地下街」としてオープンします。
その後、地下鉄の開業などに伴う形で幾つかの地下街が誕生しました。
このように名古屋で地下街が発達した理由として、名古屋が車社会として発達したことが挙げられます。
自動車を優先する形で都市整備が進められたわけです。
車が走りやすいようにと車道が広く作られているために、人が横断するには時間がかかるというわけです。
そのために、歩行者のための専門通路として地下街が広がったわけです。

※東京や大阪との地下街の比較
地下街の広さでは、東京や大阪も負けてはいません。
そこで様々なデータから、名古屋の地下街と比べてみます。
まず地下街としての広さで言えば、全国1位となるのは東京の新宿です。
5つの地下街から成り立ちますが、総面積としては10万平方メートルにもなります。
そして2位が栄駅、3位が名古屋駅で4位に大阪長堀橋駅と続きます。
注目すべきは栄駅と名古屋駅の地下街の数です。
栄駅は6つ、名古屋駅に至っては9つもの地下街が集結しています。
ちなみに大阪の長堀橋駅は1つのみで、単体としての面積では日本一となります。
名古屋の地下街の発達は車が関係していますが、冬の寒さも関係しているとも言われます。
1981年から2010年の1月の平均気温は、東京が6.1℃で大阪は6.0℃となりますが、名古屋は4.5℃とかなり寒いです。
地下を通って移動できるので寒さを凌げるというわけです。
ちなみに店舗面積としては、全国で1位は東京駅の八重洲地下街で2位はなんばウォーク、3位が梅田のホワイティうめだとなります。
そして名古屋は6位にセントラルパーク地下街が入っています。

MENU

CLOSE