店舗一覧

尾張一宮・あま市・蟹江市の店舗一覧

【ビタミン】一宮

【ビタミン】一宮

  • 【所在地】愛知県一宮市本町1-2-27
  • 【TEL】0586-24-8956
  • (14:00~3:00 年中無休)
  • クチコミ投稿 MAP
1

小牧・春日井・瀬戸エリア

イメージ

小牧・春日井・瀬戸でメンズエステ(韓国エステ・中国エステ・風俗エステ・性感エステ・回春エステ)なら充実のコンテンツで欲しい情報が即GETできるボディケアネット★彡
各店舗ごとに掲示板設置でコミュニケーションツールで楽しみながら、最高の店舗・女の子を見つけることが可能です!


*138タワーパークについて(一宮市)
高さ138mの展望タワー「ツインアーチ138」をはじめバラ園・コスモス畑・植栽迷路「ピサニの迷路」など楽しい施設がいっぱい。

*真清田神社について(一宮市)
真清田神社は尾張の国「一の宮」として崇敬をあつめた。
鎮座は神武天皇と伝えられ、祭神は天火明命が祭られている。
舞楽面(国指定の重文)。
宝物館がある。

*清洲城について(清洲市)
平成元年に再建。
清洲城の歴史:築城者・創築年とも不明。
一説に尾張守護斯波義重が応永年中(1394~1427)に築いたという。
のち守護代織田氏の大和守家の居城となる。
弘治元年(1555)那古野城主織田信長が大和守信友を討って入城、永禄10年(1567)岐阜城に移るまで本拠とした。
天正10年(1582)本能寺の変後は織田信雄、豊臣秀次、福島正則、松平忠吉、徳川義直が城主となった。
慶長15年(1610)名古屋築城によって廃城。
現在、三層四階の天主閣や信長塀、日本庭園などが復元されている。
斯波義重(1371-1418)足利義満の猶子となり、1405年に管領となる。
浅倉氏、尾田氏、二宮氏、甲斐氏ら重臣を配し領国を固めようとしたが、足利義持の勘気に触れて、高野山に追放された。
織田信長(1534-1582)尾張に生まれ、永禄10年(1567)美濃国を手に入れ井の口を岐阜と改称した。
天正10年(1582)本能寺の変にて自害した。
織田信雄(1558-1630)織田信長の二男。
1582年本能寺の変後、清洲城主となる。
茶・和歌・舞・音楽などに巧みな風流人として知られている。
福島正則(1561-1624)尾張国海東郡に生まれ、豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦いなどに活躍。
関ヶ原の戦い後、広島城主となるが、のちに所領を没収され、不遇の晩年をすごした。
松平忠吉(1580-1607)徳川家慶の四男、遠江国生まれ。
関ヶ原の戦い後、清洲城主となる。
尾張藩祖となるはずであったが、若死し、後嗣がなく断絶した。
徳川義直(1601-1650)徳川家康の九男。
兄義吉の死去により清洲藩主(後に尾張藩主へ)、家康の遺訓を守り藩政を固め、学問を奨励し、藩風の基礎を作った。
わが国で初の聖堂を建て、その廟所も儒教式である。

*甚目寺観音について(あま市)
江戸時代から尾張四観音の筆頭として現在でも尊崇を集めている。
古縁起によると創建は「推古天皇5年(597)甚目龍麻呂という漁夫が海中より紫金の聖観音菩薩を網に掛け近くに草堂を建ておまつりした」とある。
 国指定重要文化財である三重塔・南大門・東門をはじめ国・県指定の文化財が多数あり歴史の古さが偲ばれる。

*津島神社について(津島市)
毎年7月の第4土曜夜に行われる、華やかな提灯を飾りつけた車楽船の「尾張津島天王まつり」宵祭で有名な神社。
その昔、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)が、人々の災いや疫病を払って福を与えたという言い伝えにより、この地で奉ることになったのが起源で、全国の天王社の総本社である。
日本全国に点在する天王社の総本社。

*天王川公園について(津島市)
緑の並木道に囲まれた「天王川公園」は、江戸時代に天王川をせき止めて造られた大きな池のある広大なスケールの公園です。
四季を通じて「桜」、「藤」、「睡蓮」などそれぞれの情緒をかもす「水と緑の景観」が、いつ訪れても素晴らしく、市民の憩いの散策路として親しまれています。

MENU

CLOSE